昔の事を言うとジジィと思われる事を承知で言うと、僕が30歳(遅っ!)
ニューヨークに降り立った時は錚々たる歴戦の勇者とも言うべきミュージシャンが
実在?してました。 まず着いてすぐ tp.Woody Shaw5とts.Dexter Gordon4を
ヴィレッジゲートで聴きました。ニューヨークサウンドの最初の洗礼でした。
ピアノはカーク・ライトシィとラリー・ウイルスでした。二人とも知らなかったが
素晴らしかった。このころバリバリやっていたのはこの二人にアル・ディリーや
ケニー・バロンやジョン・ヒックスやそしてケニー・カークランドが
毎週どこかでやっていてそれに一つ上の世代のトミー・
フラガナンとかシダー・ウオルトンとかハンク・ジョーンズ
とかバリー・ハリスとかがピアノバーみたいな所でやって
いてまあ豪華なもんでした。たまにテディ・ウイルソン
とかアル・ヘイグとか伝説のピアニストも聴けました。
でも考えてみると皆彼等はまだ40代50代で、ディズィや
マックスローチでさえ60代前半だから今の元岡より下だったのです。
だから今の日本のジャズはこの時と同じ様な感じです。
30代40代50代60代がバリバリで、かつ70代80代そして
90代も生きていれば元気です。(20代もいる?)
皆さん聴いておいて下さい。


営業時間
金曜・土曜 OPEN 18:30
      LIVE  1st. 19:30〜 2nd. 21:00〜
日曜日   OPEN 13:00
      LIVE  1st. 14:00〜 2nd. 15:15〜

町田市森野1-13-22 渋谷ビル3F
Tel. 042-729-8048

※予約・お問合せは、ホームページTOP ACCESS からお願いします。